ウィーン国立音大

ウィーン国立音楽大学留学
学内演奏会最終演奏者
クラシック音楽 民族音楽
クラッシックを学びに行ったのですが
オーストリア民謡にハマって、毎日某教授と演奏しまくる毎日でした。

帰国後教える事の難しさ、モドかしさを感じ 
特許ービブラート奏法 ボーイング矯正 音程取り 美しいの原理 取得

教室が目指すレッスン
1、癖をつけない。転入生も癖がある方は、 シツコク直しています。

2、最短距離でできるように指導者が考え   る・・・生徒さんがバイオリンに使える時間は限られます。

3、楽しく、キビシク・・褒めて伸ばします。叱りつけて弾かせても他の事にシワ寄せがくる!

4,ご家族にお手伝いなく、基礎を自然に身につけて頂く・・グッズを使い正しい理想形に!

5、総合的に音楽を教える。作曲家、読譜
木を見て森を見ずにしない。

体験にお越しください。

指導者としての
何が出来たら弾けるのかを
指導者が把握していることが
大切です。
指導者は、幼少から始めているので、一般的な手を知る事から始める事大切。
意志ではなく、
具体的な、体育会グッズ要!

ご家庭で、一人でできる練習法を
考案する事が大切。

教える難しさもどかしさを痛感。
基礎を作らないと趣味にもできない楽器
バイオリンはじゃじゃ馬であり、
最高の友達。

バイオリンはじゃじゃ馬であり、最高の友達・・・
というのは、4歳でもとても上手い子、高学年でもイマイチな子。がいる。
・・その違いは、一重に手の問題です。言おうか迷ったのですが、初段階で良く弾ける生徒は勉強ができる子ではなく運動ができる生徒です。(失礼かなあ!!)

手の問題
まず、各指何センチ開きますか?正しい角度に開きますか?・・・
小さな壁が、大きな妨げになるので、適切な指導が求められます。

手の柔らかさが、カギになります。
闇雲にストレッチしても意味がありません。
どの子も伸びます。できない事は十人十色。

商品化、教室を飛び出て
、他の教室や学校と共有
可愛い子供たち
基礎ができていない生徒を出さない事
とても大切にしております。