音楽を届けるイベントの企画・制作・運営を一緒の考えます。
例えば会場はどこにするか、簡単な音響や照明、レコーディングなど上級生と行っていきます。発表会の運絵に屋やそれに伴う「音遊びの振り付け」など実践の機会を共有しています。皆様とご一緒に教室をより豊かなものにしてゆければと思います。将来、生徒がミニコンサートや他のイベントを企画するお手伝いになればといつも思っています。音楽だけでなく、どのような道でも企画立案~制作~実施のノウハウはこれからの時代生徒が楽しく生きていくための力になると思います。
 生徒にとって、企画も本番と同じ価値を持ちます。音楽イベントや舞台公演を実施する際のノウハウを修得します。

社会学や経営学の観点をとりいれながら、音楽を届けるイベントの企画・制作・運営や舞台業務のマネジメントといった「アートプロデュース」を学びます。本町キャンパスの録音スタジオや実習室で、音響や照明、レコーディングなどの技術を身につけます。大阪市との連携事業やまちづくりイベントへの参加といった実践の機会も豊富。卒業後は音楽ホールやスタジオ、イベント企画会社への就職などの道がひらかれています。音楽を支え、届ける「アーティストと観客の架け橋」となる存在をめざします。

音あそび
プロデュースの練習として

子供たちのアイデア(音遊び)
この年はお菓子を取りに行ったりお散歩したりクリスマスがテーマ!
毎回変わります。絵を取り入れたり、ストーリーを取り入れたり・・・
お客様目線で「今」「何をすれば」楽しんでいただけるか?


会場選び、招待状も生徒と
 ターゲットは? では会場どこ? 日にちは?
招待状の必要性。ただ教室が会場などを一方的に決めるのではなく 一緒に作り上げたいと思っています。小さな経験は将来生徒がミニコンサートなどをするときに役に立つと思います。

絵の好きな子が大活躍
招待状、プログラム
会場も子供たちと選びます